政書士で年収1,000万円以上稼ぐのに他の資格は不要

行政書士の資格を取ったら、税理士や司法書士、社会保険労務士などの資格取得も必要だということが言われます。確かに、行政書士が書類を作成する際には、これら士業の協力を得なければならない場合もあります。ですから、行政書士で年収1,000万円以上稼ぐためにこれら資格を追加に取得することには反対しません。しかし、私は追加取得が行政書士で年収1,000万円以上稼ぐために絶対に必要であるとは思いません。

資格の追加取得を考える方は、行政書士を行政文書の作成業としか考えていないのではないかと思います。よく考えてください。弁護士で他の資格を追加取得しているという例はあまり聞きません。行政書士も法廷に立てないだけの立派な法律家なのですから、弁護士と同じでいいはずです。

建設業許可申請をするのが行政書士の仕事だと思っていらっしゃるのでしたら、確かに他の資格も必要かもしれません。建設業許可申請をするには、建設会社に一定期間、取締役に就任していた人がいなければなりません。そういう人を外から連れてくる場合、許可申請する会社の取締役として登記します。登記には、司法書士の力が必要になりますので、司法書士に別に依頼することによって自分の儲けが減るという不安がよぎります。

しかし、行政書士で年収1,000万円以上稼ぐ方の考え方は違います。建設業許可申請をするのであれば、顧客が建設業者としてビジネスをうまくやっていくための様々なコンサルティングも一緒に行うのです。会社の形態はどうしたらいいか、どのような客にどのようなサービスを提供すればいいか、といったことも指導するのです。建設業許可申請は総合的なコンサルティング業務のなかのひとつの作業でしかないのです。

ですから、司法書士の力が必要になれば、知り合いの司法書士に登記手続きを依頼すればいいだけなのです。このように法律家として問題や課題を解決する仕事を請負うというスタンスならば、行政書士の他に追加の資格はまったく必要ないのです。


>>現役行政書士に聞く、年収や仕事についての真実