政書士は、なぜ上級資格より年収を上げられそうなのか

なぜ現代は、行政書士を狙ったほうがよい時代なのでしょうか? 
なぜ現代は、行政書士として働くことで年収1,000万円を夢見られる時代なのでしょうか? 

行政書士以外にも、法曹の資格はたくさんありますし、事務所を開いて働くための資格にしたって、法曹資格にもそのほかの資格にも、たくさんあります。それらのたくさんの資格と行政書士の違いは何でしょうか? 

行政書士の資格の最大の武器は、仕事の幅が無限大であることではないでしょうか。かかわることが認められている書類の種類ときたら、何しろ数えられないくらいたくさんあるのです。このため行政書士は、同業者との差別化をしやすい立場にあるのです。

行政書士よりも試験合格が厳しい資格と比べても、その点に揺らぎはありません。たとえば、弁護士資格は、司法試験というすさまじい難易度の試験を突破しないといけません。司法試験制度が変更されて、以前よりは難易度が下がっていますが、何年もロースクール等に通って勉強する価値があるかどうか、怪しい状態となっています。なぜならば、合格する人が増えたといった事情から、弁護士は全国的に余剰しつつあります。それに弁護士は、登録したからと言って簡単に開業はできません。しかし人が余っている業界のため、入れてもらうところもなかなか見つかりにくくなっています。

行政書士にしたところで、開業したら簡単に成功することはありえません。失敗する人が毎年
いることは否定できません。それでも、行政書士はまだたくさんのチャンスの宝庫のような資格なのです。


>>現役行政書士に聞く、年収や仕事についての真実