政書士デビュー、つまり登録時にかかる費用

行政書士を語るにあたって、年収や収入のようなお金の話をするのなら、登録するときの費用についても無視しないほうがよいでしょう。

行政書士試験に合格するまでの間、勉強するだけでもそれ相応のコストが発生します。良心的な通信教育等を使えばなるべく安上がりにはなるのですが、それでも数万円は絶対にかかるでしょう。

ところが晴れて合格にこぎつけることに成功しても、その直後はまたけっこうな費用が掛かるのです。この点は、あらかじめ熟知しておいたほうがよいでしょう。

行政書士会での登録のときは、いろいろな名目で費用が生じるのですが、主な種類をあげますと、
・入会金:約15~25万円
・登録免許税:約3万円
・登録手数料:約2.5万円


入会金は、どこの行政書士連合会に登録するかによって変動します。これは、開業場所によって大きく変わってしまうので、文句を言ってもはじまらないでしょう。

あとは、このような費用も出てきます。
・政治連盟会費:数千円

そして、月極の会費があります。
・会費:数千円(0.6~0.7万円くらいだと思ってください)。

会費は、たいしたことはない金額に見えるかもしれません。ただし、登録の際は3月分まとめて前払いします。
それから、年間で計算すると7~9万円はかかることになりますね。

合計すると、低めに見積もっても20万円は超えてしまう勘定になります。高いと30万円に達する見込みですね。

このほかにも、行政書士のバッジ等を購入したり資料等を申し込んだりするとこまごまと費用はかさんでいきます。

行政書士の受験者は、進路に迷っている時期を迎えているケースが主流です。金銭的には豊かではないことだってあるでしょう。やっと合格しても、けっこうな費用がかかるわけですから受験勉強中はそこも少しずつ準備しておくべきでしょう。


>>現役行政書士に聞く、年収や仕事についての真実